>

花粉症を軽減させたいならまずは腸をきれいにすることが重要

身体の中を掃除する

腸内環境が整っているということはどういうことなのかといえば、便秘であるかそうでないかの一言につきると思います。
「私は毎日快便だから便秘じゃないわ」という方もいらっしゃると思いますが、毎日便が出ていても便秘ではないとは言い切れないのです。
一日一回出ていれば問題ないわけではなく、食べた食事の回数だけ出てなければ便秘と考えた方が良いと思います。
便として出なかった老廃物は、皮膚から排出されると言われています。皮膚アレルギーで体がかゆくなり発疹が出たりするのも、体の中の老廃物がきちんと出ていないことが原因だと思います。薬を飲めば一時的に症状は治まりますが、それは応急処置的なもので、根本的な解決法ではありません。
体の中の老廃物は、尿や便として排出できるように、お水をよく飲み腸内にある老廃物が排出されやすい状態にすることを心がけましょう。

腸は万病のもと

風邪は万病の元とはよく耳にしますが、私は腸は万病の元だと考えます。
よくゴミ収集場でゴミが大量に出された状態を目にすると思いますが、便秘で3日くらい便が出ていないということは、ゴミ収集場のゴミが3日間放置されている状況と同じなのです。そのような状態の腸は、外からのウイルスなどの菌も排出できないので、病気を引き起こす原因になります。
腸内がきれいな人と汚い人では、外からの菌に対する抵抗力に格段の差が出てしまうのです。
あとは、鼻炎薬を飲むよりも鼻うがいや鼻洗浄をお勧めします。これは花粉症の時期だけではなく、出来れば毎日行う方が健康に良いです。
鼻は多くのウイルスを日々吸っているので、ここをきれいにしておくと風邪予防になるのです。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る