>

規則正しい生活を心がける

睡眠時間を確保する

早寝早起きをして、朝日を浴びて体内環境を整えて一日を迎えることは理想の生活です。 
しかし仕事などの関係上、なかなか思うようにはいかないことが多いかと思います。可能であれば、朝型の生活に変えるだけで大分良い生活を送ることが出来ますが、どうしても難しい方は、せめて睡眠時間は6時間は確保することをお勧めします。小学生くらいであれば、理想の睡眠時間は10時間です。
よく寝ることで成長ホルモンが分泌され、ストレスに強い丈夫な身体を作ることが出来ます。ストレスも花粉症の原因の一つと言われているので、よく寝るだけでも花粉症の軽減には役立つと思います。
最近では小学生も花粉症の症状を訴えることが少なくありません。ゆとり教育と言われていますが、授業時間の増加や習い事などで、意外にゆとりのない生活を強いられているのが今の子供たちです。
大人も子供も睡眠時間を確保して、ストレスに強い身体づくりを心がけましょう。

適度な運動を心がける

過度な運動はお勧めできませんが、ウオーキングなどの適度な運動は必要だと思います。
一日中パソコンに向かっているデスクワークの方は特にお勧めします。これは実際、花粉症に効くというよりは、適度な運動で体を動かすことにより夜に良質な睡眠をとることができるようにするためにお勧めの方法です。
体を動かすことは潤滑油のようなものと考えて、体をさび付かせないようにすることが大切です。若いうちはある程度無理がききますが、あまり動かさないと若くても老化します。将来寝たきり状態になってしまう可能性もありますので、できるだけ階段を使うとか、一駅分くらいは歩いてみるなど、普段の生活の中で実践できることから始めてみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る