>

なぜ花粉症がここまでメジャーなものになったのか

うたい文句を信じすぎないこと

よくスーパーなどで、「テレビで紹介されています」「花粉症に効果抜群!」というポップが置かれている商品の陳列棚がしばらく品薄状態になる光景をよく目にしますが、実際それだけで効果がでるはずもなく、しばらくしたらそこの商品はまた売れなくなるといったことの繰り返し。
日本人は特にうたい文句に弱いところがあるので、効果抜群と書かれるとついつい買ってしまうのです。そんな日本人の性質に付け込んで、その商品を売り出したい会社と結託してメディアに売り出そうとすることもあることをご存知じでしょうか。実際テレビなどのメディア効果は抜群ですから、実はそれほど効果的な物質は含まれていなくても効果ありとうたっている商品は少なくないでしょう。

誰にでも効く万能食品はない

花粉症に良いと言われる食品は多くありますが、それを食べたから花粉症が良くなるわけではありません。
花粉症に良いと言われるものでよく耳にするのが乳製品ですが、これも実は食べ過ぎないほうがよい食品です。
カルシウムたっぷりと言われる牛乳を発酵させたものであるヨーグルトなどは乳製品の代表格ですが、そもそも牛乳自体がアレルギーを引き起こす原因とも言われているので、その観点から考えると花粉症の方は避けたほうが良い食品の一つです。
タンパク質、食物繊維、糖質などをバランスよく摂取することが重要だと思います。特定の食品を食べ続けることよりも、間食を控え、3食バランスよく食べることを心がけていきましょう。
テレビやネットなどの情報は参考程度に聞き流し、自分の容量に合った食事をすることをお勧めします。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る