ツアーでラクラク楽しむF1観戦【迫力を楽しむ】

3日間の休日があればOK

コース

上海料理も満喫できる

長いF1シーズンの中で、最も日本からアクセスしやすいのがF1中国GPです。上海インターナショナル・サーキットで開催されるF1中国GPは、3日間の休みを取れば現地で観戦できます。ヨーロッパや北米のレースを観戦するとなると、少なくとも5日間の休みが必要です。なかなか休日が取れない方に最適なF1レースと言っていいでしょう。F1中国GPのツアーに参加する場合には、一般的に土曜日の午前中に日本を出発します。約2時間の空の旅を終えると、そこは上海浦東国際空港。そのまま上海市内のホテルにチェックインをし、土曜日は観光を楽しみます。日本人の舌に合う上海料理を満喫できる上に、観光スポットを巡れます。ツアーによってはオプションが用意されており、現地係員が観光に同行してくれます。中国語を話せなくとも言葉の不安がないため、観光を重視されている場合にはオプションの有無を確認しましょう。また、ツアーによっては、金曜日に出発し土曜日の予選を観戦できる日程もあります。予選もしっかりと生で観戦したい方は、日程のチェックも忘れずに。日曜日は、地下鉄を利用しサーキットに入ります。観戦客で地下鉄は混雑するため、予め乗車券を用意したいところ。ツアーによっては乗車券が含まれており、スムーズにサーキットに赴けます。レースが終わった後の日曜日の午後と月曜日の午前中は、一般的に自由時間です。この時間を利用しても、上海観光を楽しめます。月曜日の午後に上海を発ち、日本には20時から21時頃に到着します。次の日に仕事があっても、時間に余裕があるため安心です。

Copyright© 2018 ツアーでラクラク楽しむF1観戦【迫力を楽しむ】 All Rights Reserved.